【2019年最新】幼児教材徹底比較!! 家庭保育園の順位は?!

COLUMN

こんにちは!
幼児教材買取センターの青木です!

今まで、ディズニー英語システムや七田式等の幼児教材比較を行ってきました。
今回は家庭保育園編です。

家庭保育園の種類

家庭保育園は、教材ごとに第1教室から第6教室まで分かれています。
その他に「KIRARA」など第〇教室に属さない教材もあります。

第1教室

第1教室はマジカルキューブと児童書のセットです。
マジカルキューブは、楽しく国語が習得できるブロックです。
家庭保育園 マジカルキューブ
カワイイ絵入りで、文字を習得するところから、
ブロックを組み合わせる事により、日本語を習得できます。
例)「美味しい」+「牛乳」=美味しい牛乳

児童書は良質なものが揃っている印象です。
家庭保育園-第一教室
「エルマーの冒険」や「はらぺこあおむし」など、皆さんも子供のころに読んだ、有名な本が多いです。
購入されたお客様の口コミので、印象に残っているものは、
「セットで購入する事で、親の好き嫌いで読ませる本が偏る事を防げた。」という声です。
幼児期の情操教育において、これは重要な事であると感じました。

第2教室

第2教室は一言で言うとボリューム満点です。
家庭保育園 第二教室
内容はドッツカードなどの右脳開発のカード系教材が中心です。
七田式の徹底比較でも説明をしましたが、幼児教材において「右脳」は欠かせません。
さらにたのしい絵カード1500は多言語で学習できて、最新版は5ヶ国語のCDが付いています。

第3教室

第3教室は一言で言うと「音楽」です。
家庭保育園 第三教室
歌唱造形指導法という教育方法で、歌に合わせて絵をかいたり、線を書く事でリズム感や聴覚を養います。
歌に合わせて文字や図形を習得できます。

第4教室

第4教室は「なぜなにブック」です。
家庭保育園-第四教室
全22巻の絵本で、図鑑としても使えます。
「なぜなにブック」の名の通り、お子様の疑問に答えられるように、
親御さん用の説明も入っております。読み聞かせに最適です。

第5教室

第5教室は英語教材です。
家庭保育園 第五教室
バイリンガルファミリーはCDを聞く事により、英語のリズムを習得できます。
英語を聞きとるには、スペルよりリズム感が重要と言われています。
種まきイングリッシュは「ヨーヨム式」という方式を採用しています。
英単語の下の指のマークをCDを聞きながら追う事で、英語を習得します。

第6教室

第6教室はゲーテのくみ木です。
ゲーテのくみ木
天然木を使用している積木で、誤差の非常に少ない設計になっております。
子供さんの思うまま、想像力のままに工作が出来ます。

以上が家庭保育園の第1~第6教材の説明になります。
いかがでしたでしょうか?
皆様のお買い上げの参考になれば幸いです。

  • 無料査定申し込み
  • LINE査定申し込み

買取の流れ

買取査定はこちらから

お問い合せはこちらから

LINE査定はこちらから

pagetop

幼児教材買取センター

Copyright (C) Youji Kyozai Kaitori Center. All Rights Reserved.

Copyright (C)
Youji Kyozai Kaitori Center. All Rights Reserved.